第二回 建築情報学会分科会

2018/04/29|カテゴリ:情報プラットフォームTF

情報プラットフォームタスクフォースでご協力している、「建築情報学会キックオフ準備会」の第2回会議がリリースされましたので、ご案内いたします。
タイトル
「BIMスペシャリスト2人が現状を切り刻む」

http://10plus1.jp/information/2018/04/archinfo-kickoff02.php
■モデレーター
石澤宰
■ゲストスピーカー
提坂ゆきえ(Autodesk)

日時

2018年5月24日(木)
19:00-21:00(開場18:30)

会場
NSRIホール
(千代田区飯田橋2-7-5 明治安田生命飯田橋ビル2階)

ジオメトリをキーワードに、ゲームテクノロジーで開発されたシミュレーションが開くあたらしい世界の捉え方について考えた第1回につづき、今回はBIMの先行者による、その本質についての質疑応答形式1000本ノックです。

現在、すでに公開分の申し込み100席は満席のため募集停止となっておりますが、「HEAD研究会会員限定」で5名ほどの特別参加枠をいただきましたので、お問い合わせよろしくお願い致します。(締め切り5/3)

TF3.5 建築情報学会公開分科会

2018/03/05|カテゴリ:情報プラットフォームTF

「他業種から建築のジオメトリを拡張する」

開催概要
今回、建築情報学会立ち上げに向けて、建築情報学に関係あると思われるトピックをいくつかピックアッ
プし、第1回目は元建築分野出身で、現在プログラマーとして活動している堀川が「ジオメトリ(幾何学)」
をテーマに、オープンディスカッションを行ないます。

「建築情報学」と銘打っていますが、建築内外の分野の知見を架橋することがディスカッションのねらい
です。そこで、今回のディスカッションのお相手として、建築とは異なる業種のなかで、とりわけ情報技
術と結びつきの強いコンピュータ・グラフィックスの分野から、情報技術を利用したジオメトリ操作(形状
の生成・編集・解析等)に関して最先端を切り開いている方々にお声掛けしました。
建築業界におけるジオメトリ操作に対する固定概念を解き、新たなアプローチへとつながる視座を提示
したいと思っています。
さらに、建築の造形技術やその方法論に、より多様な拡がりを与えるきっかけになればと考えています。
また、登壇者同士がディスカッションを通じて、特定の分野や業種を超えて、知見や技術を共有し、豊
かなアイデアを持ち帰るきっかけとなればと考えています。

各業界だからこそ進化し得た、情報技術を応用した独自の造形技術や考え方をご紹介いただき、それ
を軸にしながらお話しできればと考えています。


登壇者
■モデレーター
堀川淳一郎(Orange Jellies、東京芸術大学芸術情報センター非常勤講師)

■ゲストスピーカー
三宅陽一郎(日本デジタルゲーム学会 理事)
菊池司(東京工科大学メディア学部 准教授)」

活動予定

YouTube 公式チャンネル
EVENT CALENDAR on facebook
TF紹介